足りない資金はローンを利用して確保することが出来るのです。

金融サポートを利用して賢く借りよう

学費の準備

今後ますます学費が上昇していく

子どもが産まれたらまず考えなければならないことが、養育費や教育費をどうやって準備していくかです。毎月の給料から少しずつ貯金していく、これも準備していくことができるのですが、それを普通預金に預けたところで低金利の時代ですので大して利息がつかないのです。90年初頭の定期預金でしたら預けたお金も10年後には倍の金額になっていたのですが今はそうはいかないです。教育の変遷ですが、1970年を1とすると2000年には物価が7倍にもなっているのです。そのため将来を見据えたうえで貯金をはじめたとしても低金利の預金では教育費の物価上昇に追いつくことができないのです。その物価上昇を頭に入れたうえで準備していく必要があります。

教育ローンで準備する

教育費は、学資保険で準備するのが当たり前となっている風潮ですが、必ずしも学資保険で準備をしなくてもいいのです。教育ローンもあります。財形貯蓄もあります。奨学金制度もあります。学資保険だと最大で18年間毎月一定金額積立てる保険です。ですが、積立開始当初はよくても18年間ずっと収入が安定しているとは限りませんし、人生は何も教育費だけではありませんので住宅ローンや老後の生活、介護のお金など準備しなければならないものはたくさんあります。どうしても毎月の積立が厳しくなり途中解約してしまうこともあります。いざというときには教育ローンで準備するなどがあります。日本ではお金を借りることが悪いという風潮があります。教育ローンのメリットは、すぐにお金が準備できることです。教育ローンであれば低金利で準備できますので、低金利なので利息の負担も軽減できます。