足りない資金はローンを利用して確保することが出来るのです。

金融サポートを利用して賢く借りよう

不動産の担保

銀行とノンバンクの不動産担保ローンの違い

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保として差し入れて、お金を借りる形態のローンのことです。 これまで、不動産担保ローンは銀行から借入を行うのが一般的でした。ところが、銀行の不動産担保ローンは、審査基準が厳しい上に審査に時間を要し、不動産があっても必ずしも融資を受けられるとは限らないほか、資金使途が限定されていたりするなど、使い勝手が悪い側面がありました。 そこで近年、民間のノンバンクによる不動産担保ローンの取り扱いが増えてきました。民間のノンバンクによる不動産担保ローンは、銀行の不動産担保ローンにはないメリットが多数あり、新しい形態としてこちらを利用する企業や個人の方が増加しています。

ノンバンクを利用するメリット

ノンバンクの不動産担保ローンのメリットをご紹介します。 まず、銀行では担保提供できる不動産は、本人所有のものでなければ認められないのが普通ですが、ノンバンクでは同意が得られていれば、他人名義の不動産を担保提供することも可能です。また、資金使途に制限がないケースが多いので、借りたお金は自由に使うことができます。そして、債務者本人の信用力が低い場合でも、ノンバンクでは不動産の価値のみで融資可能額を判定してもらえるので、誰でも融資が受けやすくなります。 ただし、ノンバンクの不動産担保ローンは、銀行と比較すると金利が高く設定されているというデメリットもあります。しかし、銀行の不動産担保ローンよりもかなり利便性が高いので、ノンバンクを計画的に利用することで、デメリット以上のメリットを享受することができると言えます。